スポンサーリンク
未分類

犬をかわいいと思った行動、しぐさ。犬が苦手な人への処方箋

犬は遠くから眺めるもの。そう思って生きてきました。決して自ら歩み寄って触れ合おうなどとは、みじんも思っておりませんでした。そんな私が、結婚を機に犬とともに暮らすことになり、それに順応すべく悪戦苦闘している日々の雑記です。 純粋にかわ...
雑記

小学校で習う日本史はこの程度で良いのではないかという提言2  ~古墳時代~

日本史が苦手な人は、だいたいこの辺りで脱落が始まっていくものと思われます。突然現れる大王やその墓、時折現れる中国や朝鮮と思われる国々の名前。それまで人々の暮らしの文化を覚えてきたはずなのに、突然ジャンルが変わったかのような内容に戸惑いや、...
伝えたいこと

犬も子供も育てる親が一緒だと、性格が似通ってくる件

今日のテーマ:飼い主に似るのではなく、育てる側の性格が表れる こんな育て親 思い返してみれば、私の初めての子供、Sちゃんと、私が初めて赤ちゃん犬から一緒にいるK君がとても似通っていたのです。 私にとって、両方とも初めて接...
伝えたいこと

犬に対する免疫力を高めましょう。犬のお世話編

犬が苦手、嫌い、怖いといった人が、犬と暮らしていくことは並大抵の努力では成し遂げられません。犬と生活圏を分け、完全な家庭内別居ができるのなら気にすることもないのですが、なかなかそういうわけにはいきません。 嫌いなものを好きになるには...
雑記

小学校で習う日本史はこの程度で良いのではないかという提言1  ~石器時代から弥生時代~

小学校の高学年から始まる本格的に始まる日本史の授業。歴史の授業といえば教科書に載っている言葉を必死で暗記した記憶があります。 打製、磨製石器や竪穴式住居などの効きなれない、使い慣れない言葉。これを覚えるだけで大変でした。そんな難しい...
犬たちとの思いで

ありふれた日々に万歳

ありふれた休日の朝 おはようのあいさつを最近はアイコンタクトでかわします。 柵には少しスペースを開けて、出入りできるようになっているにもかかわらずです。 朝食時にパタパタされたくはないので、これはこれで良いのです...
伝えたいこと

犬の留守番、何してる?

目の届かない時間。不安・・・ どうしても外出しなければならない お仕事や買い物で愛犬を家に残してお出かけするとき、お留守番をさせる時間が長ければ長いほど、犬がどのように過ごしているのかが気になります。 特に犬の体調が悪...
雑記

ゆるゆる教育日記

今日のテーマ : テスト問題の出し方について 今日のテーマ : テスト問題の出し方について何のために勉強するのか 算数・時間の問い 算数の文章問題を解きながら、国語の読解力を養う。 何のために勉強するのか 新型コロ...
伝えたいこと

犬に対する免疫力を高めましょう。追いかけられる編

今日のテーマ : 犬が追いかけてくる。どうしたらいい? 犬が苦手、怖い、嫌いな人は、犬に対して嫌な思い出があると思われます。その嫌な思い出の代表格として、「犬に追いかけられた」が挙げられます。そして過去の残像が現在も苦手意識を継続さ...
伝えたいこと

犬と暮らすことになって困った事。すり寄ってくる編

触れ合うことに抵抗を感じた日々 結婚を機に犬とともに暮らすことになった犬が苦手な私。一番最初に苦悩したことが、「そばに寄ってくる」でした。 犬からの挨拶。好きですアピール。そういう風に聞いてはいました。ですが、肌に触れる犬の感...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました