犬が苦手なら、おやつをあげている姿を見ているだけでも、何かを得られます

伝えたいこと

食事、おやつの時間も犬とのコミュニケーションの大事な時間

ペットフードを皿に入れたら飛びついてくると思っていた

犬と縁のない生活を送っていた私にとって、犬たちのご飯といえば、CMでよく見るドックフードたち。せいぜい堅い豆状のものか、バックトゥザフューチャーでドクが作った自動えさやり機で缶詰から出てきた柔らかいもの。もしくは夕飯の残りを混ぜ合わせたもの。という程度の認識でした。

犬が食べられるもの、食べられないもの。犬と接するまでそんなことを考えたこともありませんでした。人間と同じで、好きなものを好きなだけ・・・というわけにはいかないのですね。そのためか、犬の見噛むも人間ほど複雑には出来ていないようなので、食べられないものがあるなんてかわいそうと、思う必要はなさそうです。

と、思わせつつ、しっかりと好き嫌いのあった、我が家の犬たち。

初めて私が犬とまともに触れ合うことになったL君のときは、当時本当に無知すぎてよくわからなったのですが、今にして思えば、おやつが主食になってしまっていた、という記憶が蘇ります。豆状のドッグフードは食べず、缶に入った柔らかいドッグフードをおいしそうに食べていました。

2代目であるK君はペットショップのお姉さんが、ショップで食べていた結構なお値段のペットフード(豆状)2種類を、いきなりご飯を変えるとおなかを壊すから、という理由で勧めてきたので、それもそうだと、購入。

しばらくはふやかして食べさせてください。とのことだったので、その通りあげるのですが、見事に食べない。彼はなかなかの食通で、どんなものでも、同じものをあげ続けると、飽きて食べなくなりました。

赤ちゃん犬用ボーロはめちゃくちゃ食べるくせに・・・

彼のときに、犬にもダイエット用のドックフードや、関節が弱い子用のものなど、年齢、犬種や状態に合わせたペットフードがあることを知り、勉強になりました。(たいして活かされていませんが)

現在進行形のFちゃんは与えられたものを素直に食べてくれる良い子です。現在は・・・

我が家に来た当時、これもペットショップのお兄さんに赤ちゃん犬に必要な、大事な栄養が含まれているので、一定期間ご飯のときに必ずあげてください、と言われ購入した、粉末ミルク(ふりかけみたいなもの)。ゆがいたペットフードにまぶして食べさせてくださいと言われたので、当然実行。

食べません。

おいおい、あんたら前日までそれを食べてたんじゃないの。と、心の中でツッコミながら、ミルクが嫌だったらしく、かけなかったら大人しく食べてくれました。

このミルクは赤ちゃん犬に必須な栄養素たっぷりだったようで、若干食べさせなかったことを後悔はしています。今のところ、異常は見当たりませんが、どうなんでしょう。年を取った時に骨とか関節、免疫力などに影響が出てくるのでしょうか。

どうしたら、犬がきちんと食事をしてくれるのか。どんなものをどんなときにあげればよいのか。という教育的なことや、犬も人間と同じで好き嫌いがあり、気分次第で食べたり食べなんだりがある、という親近感など、自らが食事の準備をしていなくても、見ているだけで十分に犬のことを考えるきっかけになります。

おやつの時間も、犬を観察するのによい機会です

犬のおやつも様々なものがあります。オーガニック素材の高級おやつや、おやつとして与えながら、歯磨きもさせられる物まで、人間の知恵が注ぎ込まれたものが所狭しと陳列されています。

最近ではコンビニでも売っているので気軽に買うことが出来ます。私も犬と暮らし始めたころは、仕事帰りにおみやげとして、犬の好きそうな味を選んで買っていました。

この行為も、犬に関心を持つという意味で、とても良い機会になります。普段、どんなものを好んで食べているか。味、形状、大きさなど観察するべきところはたくさんあります。それに、買って帰ったお土産を喜んで食べてくれる姿を見るだけでも嬉しいものです。

ついこの前Fちゃんに買って帰ったおやつがこちら。

犬用おっとっと

ホームセンターなどで買えます。自分のおやつだと分かっているようで、袋を見て飛びつきます。栄養バランスや成分などは詳しく見ていませんが、おやつなので硬いこと言いっこなしです。大目に見てください。

ちなみにこの画像と同じような行動を、シェパードがとっていました。私は信号待ちの車の中から眺めていたのですが、あれほど威圧感のあるシェパードも、子供みたいにはしゃぐのかと思うと、少し見る目が変わりました。(車の中という安全な場所からの感想です)

今日の犬が苦手な人に伝えたいこと

犬の感情が理解できて、その行動が何を意味しているのかが分かれば、それまで怖いと思っていたことが、それほど気にならなくなることがあります。特に、食事に関することは人間とも共通しているところがたくさんあります。「得体の入れない生き物」から「知っている生き物」に認識を変える努力をしてみるのも悪くないと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました