胸部レントゲンの再検査の所要時間の長さについて

病院での出来事

問診票は何回書いても良い

先日、健康診断の胸部レントゲンで再検査を受けるように指示を受けました。結果を先に行っておくと、全く問題なしの、健康そのものでした。これは、再検査を受けた日のとある出来事です。

診察の予約を11:00にとり、当日必要なものを記した用紙を受け取りました。その用紙に当日は10:30までに来院し、受付を済ませておくように指示が書かれておりました。事前の問診票にも記入を済ませ、いざ当日。

車で家を出発。10:00過ぎに到着。始めていく病院だったので、受付の場所や、やり方で少し戸惑いますが、何とか終了。「お呼びしますので、それまでにこちらをご記入ください」と言われ渡された問診票。また書くの?

まあ、右も左もわからない私は、言われるがままの行動をとっておりました。そして無事10:30前には受付終了。内科の受付を済ませるように指示を受けたので、その内科へ向かいます。

多少時間がずれる場合がございます

内科で受付を済ませ時間を見ると10:30。予約が11:00だからちょっと待たないといけません。ところがかなり人が多く、待合のイスは埋まっています。すぐに空くだろうとタカを括って待つこと30分。予約時間の11:00になってようやく座れました。

まあ、かなりの人が診察待ちをしており、予約時間ぴったりに呼ばれるとは思ってなかったので、座れたことに安堵しておりました。

そして待つこと1時間半。

ひたすら座って待っていました。変に動くと席が無くなりそうだったからです。しかしそれも限界。トイレに行きたくなり、とりあえず周りをキョロキョロしてトイレに位置を確認。採尿用のトイレはすぐ近くにある。けれど一般用のトイレは視界に入るところにはなさそう。

しばらく考えました。トイレに行っている最中に名前を呼ばれたら、一般用のところでは間違いなく聴こえないだろう。ですが、採尿用のところでするのはいかがなものか。病院の暗黙のルールがありそうでうかつなことは出来ません。意を決して一般用のトイレへ駆け込みます。

戻ってきたら、座っていた席がそのまま空いていました。ラッキーと思い、座ること2,3分。名前を呼ばれます。ひょっとしたらトイレの最中にも呼ばれていたのかも・・・

診察室の前で待つように言われたので診察室前の長いすで待っていると、中から診察を受けていた患者さんが「ありがとうございます」と言いながら出ていきます。ようやく診察が始まる。長かったー。と思ったのもつかの間、診察を終わったはずの患者さんが帰ってきます。

一度緩んだ気持ちを元に戻すことは出来ませんでした。一気にイライラがあふれてきます。ですが看護師さんの「長らくお待たせしてすみません」という一言で、表情はともかく、暴言を吐くようなことはありませんでした。

診察開始

長いすで30分待たされ、ようやく診察開始。健康診断で撮ったレントゲンをちらっと見て、「じゃあレントゲンを撮りましょう」

ん?レントゲン画像を見て、怪しいところがあるから精密検査を受けなさいと言われてきたのだから、CTとか、もっと詳しい検査をするのではないのですか?と心の中でつぶやきつつ、何かしらの段取りがあるのだろうと思い、指示に従いました。

レントゲン室に案内されてまたもや入り口前の長いすで待機します。中からは、あっちむいてーこっちむいてー、と様々な角度から撮影している声が聞こえてきます。なるほど、多方向から撮影することによって死角を失くすわけですな。と一人で納得して待っていました。

前の患者さんが撮影終了。さあ、私の番だ。と思っていたところに、ひょっこり現れるおじさん。看護師さんに「トイレに行っていたんだけど、名前呼ばれたかな?」どこかで聞いたことのあるセリフを言い、レントゲン室へ入っていきます。何となくですが、順番を抜かされた気分。

レントゲン室の前で待つこと30分。ようやく撮影開始。まずは正面、次に右側から撮影。「はい終了です。これをもって内科にお願いします」2方向からの撮影だけでした。

再び内科へ行き、また30分待つことに。イライラはピークに差し掛かっていましたが、誰が悪いわけでもなく、看護師さんに八つ当たりしたところでどうにかなるものでもないので、ひたすら我慢。精密検査なんだから、もう少し専門的な感じで調べてくれたらしいのに、こっちはひょっとしたら命に関わることかもしれないと不安なのだから、と不満を持ちながら、レントゲン写真の確認をしてもらいます。

写真を確認して、一言、「問題ないですね、これからもバリバリ働いてください」4時間待って、診察時間全部で5分ほど。どうせ大したことないんだから、という雰囲気が少し感じられた検査でした。

そして帰宅

会計を済ませ、病院の駐車場がコインパーキング形式だったので、事前精算機を利用することに。病院の都合で長時間駐車しているのに、料金まで取られるのか。とぼやきつつ、精算。診察割引込みで110円取られました。思っていたよりも良心的な値段でほっとしました。そして車に乗り込み、駐車場のゲートへ。

ゲートで駐車券を入れ、帰ろうとすると、ゲートの機械が一言。

「料金は無料です」

思わず「いや、料金払ったし」と声に出して言ってしまいました。

今日一日、どれだけ待たされても、納得のいかない診察でも、我慢して何も言わなかった私ですが、最後の最後で我慢できなくなりました。何か溜まっていたものが、一気に噴き出した瞬間でもあり、機械に突っ込むなんて器が小さすぎやしないかい、と思わされる場面でもありました。

検査を受けての感想

総合病院など大きめのところへ行く場合は、長丁場になる覚悟をもって望みましょう。今回は11:00に予約を取って、診察開始が12:30。すべて終了が14:00過ぎという、受付時間を含めると4時間以上もかかりました。

初めての経験だったので、これが異常なのか、普通なのか判断できませんが、何をしに来たか分かっているのだから、診察の前にレントゲンを撮るといった、時短が出来たのではないのかと思っていしまいます。

ですが、再検査を指示されてから、何となく不安だった心も、診察を受けることによって解消されました。決して無駄な一日だったわけではありません。

しかしながら「何のための予約だー」と叫びたくなるのをぐっと我慢した一日でした。

雑記
スポンサーリンク
lkfspaceをフォローする
犬が苦手な私が犬と共存できるようになった考え方

コメント

タイトルとURLをコピーしました