我が家の犬はドライブデートがお好き

犬たちとの思いで

犬を乗せるときに注意していること

車に乗る?と聴くとテンション上がる我が家の歩羽ちゃん。散歩も好きだけど、ドライブはまた違う魅力があるようです。

ただし、これは複数人で出かける場合。運転者と歩羽だけだと危ないので、ゲージの中に入れられて移動します。

これには不満があるようで、ゲージの中で、キューキューとか細い泣き声を発しています。

ドライブは外の景色が見えてなんぼのもん、らしいです。

前方の安全は私に任せておけ!と言わんばかりの、キリリとした表情。ずっと大人しくこの体勢でいてくれたら良いのですが、そう都合よくはいきません。

人のことを踏み台にして外を見ていました。最近はだいぶ大きくなったので、視界がもう少し広がっていることでしょう。

おかげで窓ガラスには歩羽の汗なのか、鼻水なのかという跡が下半分にびっしりとついています。

あまり遠出をすると、途中からお疲れモードに移行していきます。人間でも、車の揺れは疲れるのですから、犬だって当然疲れます。

以前一緒に暮らしていた仔は、片道2時間のドライブで帰宅して早々に、けぽっと吐いていました。

歩羽ちゃんもドライブから帰宅すると、いつも深い眠りに着きます。充電が切れたごとく静かになります。出かけることで体力を使い果たし、帰る道中のことまで考えていられないのでしょう。

犬によっても違うかとは思いますが、これまで接してきた犬は車に乗ること、もしくは大好きな家族と一緒にお出かけできることが、嬉しくてしょうがなかったようです。

犬を車に乗せるときに注意していること

我が家での犬を車に乗せるときのルールを少し書き出します。

  1. 運転者のみで犬と車に乗る時は必ずゲージに入れる
  2. 運転席には犬を乗せない
  3. トイレ休憩や水分補給はこまめにとる
  4. 体調が万全か確認しておく

以上4点です。

1と2はとにかく運転中に、運転席に飛び乗ってこないようにするためのもの。また、運転席には絶対に近寄ってはならないと、犬に覚えてもらうためです。(興味津々でこちらの様子をうかがってはきますが)

3や4は特に長距離のドライブになるときに気を付けています。人間もそうですが、ずっと車の中にいるのはとてもしんどいので、外に出て手足を伸ばすことがドライブを快適に過ごすためには、とても大事になってきます。その時に一緒に周辺を散歩して、トイレの具合をうかがいます。体調面に関しては、やはりしんどいときには家でゆっくりするのが一番ですし、何かあった時に、出先では対応しきれません。

また、我が家では完全なルールとはしていませんが、本当は常にゲージに入れておかないといけません。急ブレーキの時など、怪我をする恐れがあるからです。犬用のシートや、シートベルトもあるようなのでそれらを活用すると、より安全にドライブを楽しめるかと思います。

いくら楽しくても、事故や、怪我をしてしまうと意味がありませんからね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました