犬の寒暖適応能力はどの程度?

伝えたいこと

犬が元気に生活できる温度は?

雪が降ると、犬は喜び庭駆け回る。らしいのですが、私が接してきた犬でそのような行動をとった子はいませんでした。よそ様の犬で雪の降りしきる中、誰もいない公園を元気に走り回っている姿は見かけたことはあります。

犬はタオルの下で丸くなる

しかし、我が家は子供を除きは、寒さが苦手。出来れば家の中でぬくぬくしていたい。そんな気持ちが犬にも伝わるのか、私が共に生活していた犬たちは雪を見ても喜ぶこともなく、淡々といつもより短い散歩を済ませていました。

犬種や、特有の性格によって、寒さに対しての強さは変わるのでしょうが、寒暖対策はどの程度意識していたほうが良いのか考えてみました。

室内の適温は20℃~25℃を目安に

室内で気兼ねなく犬が過ごせる適温は、犬種や季節によって若干変わってくるようですが、おおむね20℃~25℃の範囲がよさそうです。エアコンを使えば温度調節は簡単に行うことが出来ます。でも常時この気温に合わせると、冬場はまだよさそうですが、夏はちょっと人間には寒すぎやしないかい?と思ってしまいます。

ですので我が家では、エアコンだけで室温をコントロールしようとは思わず、犬用スペース付近に温度を調節できそうなものを置いてカバーしています。

機具を使って温度調節

夏場の場合、エアコンの温度は27℃ほどに保ち、寝床となるクッションを通気性の良いものにする。また、それとは別に、アルミ製のヒンヤリする板を置いておきます。

冬場の場合は、とにかく床からの底冷えがひどいので、ホームセンターなどで売っている断熱シートを敷き、さらにその上から毛布をかぶせます。

クッションは厚手の物に変え、夏用のアルミ板から毛布に包んだ電気式湯たんぽに変えます。室温は20℃ほどに保ちます。

気をつけたい事

機具をかじらせないように

我が家では、冬場に電気式湯たんぽを使っているので、どうしても電気コードが必要になります。犬がコードを噛んでしまわないように、細心の注意をする必要があります。充電式のものとかが有ればそちらの方がよいと思います。

犬が移動できるようにする

また、夏でも冬でも、少し温度が違うものを準備しています。犬が好みの温度のところに、好きな時に移動できるようにするためです。

ずっと同じ場所にいると、冷えすぎたり、低温火傷を起こしてしまうかもしれないと考えています。一応、あっちに行きこっちに行き、と1日の中で色々寝る場所を変えながら過ごしているようです。

エアコンの風が直接当たらないように工夫する

犬のスペースに直接、エアコンや暖房器具の風が直接当たらないようにしています。風が直接体に当たり続けると、人間と同じで風邪をひきやすくなったり、体温調節がうまくいかなくなったりするようです。

ひどい場合は自律神経にも影響がでてしまうこともあるようなので、気をつけたいところです。

基本的に暑さに弱く、寒さに強い

暑さへの対策

人間も犬も汗をかく事で体温調節をしています。人間が全身で汗をかき、体温を下げる事ができるのに対して、犬は舌を出したり、鼻と足の裏から汗をかくぐらいしか調節ができません。また、犬の平熱は37.5℃〜39℃と人間に比べて高く、その分暑さに弱いのです。

水など水分補給がしっかりできるように準備をして、室内での熱中症対策をしましょう。水はこまめに変えておくようにした方がいいらしいです。

日中の散歩も避けた方がよさそうです。気温はアスファルトの地面に近づけば近づくほど高くなります。犬の身長ぐらいの高さだと、50℃〜60℃に達することもあるのだとか。歩くのに適した気温とはとても思えません。

車での外出にも危険があります。決して車から離れる際は、必ず一緒に外に連れて出るようにしましょう。車の中に置いていくのは絶対にやめましょう。犬を連れていけないところに出かける時は、迷わず留守番をさせる、もしくはホテルなどに預けるようにしましょう。

寒い日に気にしたい事

犬種によって毛の生え方が違うようで、寒さに強い犬種、そうでもない犬種があるようです。我が家の歩羽ちゃんは冬場になると朝起きるのが遅くなります。

気温が基本的に10℃を下回ると動きが鈍くなるようです。大好きなブロッコリーを貰いに台所へ行くこともしなくなります。

寒いと、脳が目覚めてから、体を動かす指令を出すまでの時間がだいぶかかるようになるようです。

以前飼っていた犬はヨークシャーテリアだったので、寒さに弱い犬種でした。冬場は体を震わして丸まっていました。できるだけの寒さ対策をしていたつもりでしたが、まだ足りなかったようです。

冬場の散歩は歩く事で暖かくなるでしょうから、そんなに心配はいらないようです。

ただ、車での外出時では、夏場と同じく、車への置き去りは避けた方がよいと思います。車を止める場所によっては、冷蔵庫並みに冷えることもありますので、凍えてしまいます。

寒さにある程度強いといっても、限度があります。からだをの震わせていたり、下痢の症状がでている場合は寒すぎる可能性があります。

まとめ

寒暖差への気をつけかたは、多少の適温の差はありますが、犬も人間も極端にかわるわけではないようです。

ですが、人間は自分の意思で、そして自分の手で温度の調節ができますが、犬はそれを自分で行う事ができません。我々飼い主が気をつけてあげなければなりません。しっかりお手伝いをしてあげましょう。

常に犬の様子を観察して、見守っていれば、極端に暑い寒いという状況でなければ必要以上に神経質になる必要は無さそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました