秋は犬にとって探索の宝庫らしい

犬たちとの思いで

公園での散歩風景

里山にある大きめの公園での散歩風景です。家から車で10分ほどお出かけしたところにあるので、犬にとっても、ちょっとしたドライブです。

まず駐車場近くにある、変哲もない木に引っかかります。幹の穴の中に何かがいるのでしょうか。一心不乱に臭いを嗅いでいました。

夕陽に向かって走れ!

とはならず、(走られても困りますが)こちらも落ち葉のなかをクンクン臭います。拾い食いさえしなければ大丈夫かな、と思っています。

ひたすら地面を気にします。そこに一体何があるのですか?そこを掘ったら何か出てきますか?

足長ワンちゃん。なかなか上手く撮影できず何枚もカシャカシャ撮りまくり。フィルムの時代では考えられないことです。

家族写真。子供が今日は参加していないので、この写真を見せたらきっと拗ねるだろうなぁ。私が写ってないって。

今回は、終始下を向いて地面の落ち葉のと地面の探索をしていた歩羽ちゃん。カメラ目線が欲しかったけれど、全くこちらを向いてくれませんでした。

きっと、気になる事がたくさんありすぎて、写真撮影どころではなかったのでしょう。落ち葉の匂い、中にいるなんらかの虫?木の実のようなもの。そしてそれらに残る他の犬の痕跡。

まるで警察犬が何かを捜査しているかのような後ろ姿でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました