犬が苦手な私が犬の服について考えてみた

伝えたいこと

犬に服を着せることの功罪

街中で散歩をしている犬たちを見て、皆さんはどのくらいの割合で、服を着ている犬を見かけるでしょうか。私の印象では小型犬で5割いかないぐらい。大型犬になるとほとんど見かけた記憶はありません。やはり、着せる手間がかかるからでしょうか。

私は、犬に服を着せることについて、着ても着ていなくてもどちらでもいい、という中途半端な立場です。飼い主さんの判断で行えばよいと思っています。ですが、犬に服を着せて散歩させていることに眉をひそめる方も少なからずいらっしゃると思います。

我が家では、犬好きの家族が服を着せたがるので、何かしらの装飾をしていることがほとんどです。その時のメリットと注意点を考えてみました。

犬に服を着せるメリット

犬に服を着せる方たちはどんなことを考えて服を用意するのでしょうか。我が家の場合を記述していきます。

  1. 純粋にかわいいから
    • 犬の服にはおしゃれなものが多く、着用させることによってかわいさが倍増するらしい。気分を変えて犬と接することが出来る。
  2. 夏場は紫外線対策、冬場は寒さ対策
    • 夏場の散歩で気になるのが紫外線。適度に浴びることも大事なようですが、浴びすぎは人間と同じで皮膚によくない。そして、冬の場合は、単純に上着を着せる感覚です。
  3. 虫刺され防止や、草むらの中に潜む何かしらの汚れ対策
    • どこに潜んでいるか分からないダニなどの虫対策です。毛の中に潜り込むことを防いでいるつもりです。また、草むらの中を好んで歩いていくので、草野駅などで皮膚がかぶれたりしないか心配で着用させています。
  4. 抜け毛の飛散対策
    • うちの犬は抜け毛が大量に発生します。あっちこっちに抜けた毛がふよふよしていて掃除が大変です。服を着せていれば多少は床に散らばる量が減ります。

犬に服を着せるときの注意点

次に、服を着せるときに注意したほうが良いと思ったことを書いていきます。

  1. サイズの確認を慎重に行うこと
    • サイズが小さすぎると当然、体を無用に締め付けることになるので成長の妨げやストレスを溜める原因になります。逆に大きすぎると、片足だけ脱げてしまうという状態になりかねません。脱げた服が引っかかり、思わぬ怪我をしてしまうかもしれません。
  2. 犬は自ら好んで服を着たりしないことを自覚しておく
    • ほとんどの犬は喜んで服を着たりはしないと思います。服を着た犬が鏡を見て喜んでいる姿を私は見たことがありません。嫌がるときは無理やり服を着せることは止めましょう。
  3. ずっと服を着せないようにする
    • かわいいからといって四六時中、服を着せ続けることは止めたほうがいいと思います。服を着せることにより若干でもストレスを感じているはずなので、解放してあげる時間も大切だと考えます。また、湿疹やふけなど皮膚の異常を見逃す可能性があります。

まとめとして

犬は元来、毛並みで体をガードしている生き物。その上にさらに服を着せることの意味がはたしてあるのか、と考えてしまうこともあります。

服を着せることのデメリットでよく挙げられるのが、体温調整が上手くできなくなる。というものです。確かに、毛の長さや、生え方などを調整して、寒さに強い、暑さに強いといった進化を遂げてきたのです。その上に服を着せることは犬にとって大きなお世話なのかもしれません。

ですが、その考え方は、もう少し前の時代。空調設備が一般的ではなかった時代の話だと、私は思っています。今はほとんどの犬が室内で飼われていて、大きな気温の変化もない快適な環境の中で育っているのです。犬のことを大切に思っている方ほど、室温に気を付けていることだと思います。

そんな犬が自然に体温調整を出来るようになるでしょうか。やはり、人間が服を着せることで寒さを和らげる、UVカットの服を着せて紫外線対策をする、といったお手伝いをしなければならないと思います。

結局、どこまで手をかけるかは飼い主さんの判断によるものだと思います。服を着せているから良い、悪いではなく、それぞれの犬にとって、どのような飼い方がベストなのかを考える必要があると、私は考えています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました