埼玉西武ライオンズファンに朗報。ギャレット残留!!

今年はライオンズの年末が少し違う!?

まさかギャレットと再び契約できるとは!

朗報です。9割9分アメリカに帰ってしまうだろうな、と思っていたギャレットが、来季もライオンズと契約を結んでくれることが分かりました。

自由契約にせざるをを得ないほどの状態だったにもかかわらず、渡辺GMの粘りの交渉で残留が決定的になったようです。

あれほどの速球を投げ込める中継パワーピッチャーはそう簡単には見つからないので、本当に良かった。平良、森脇選手の負担がしんぱいされましたが、少なくても今年並みのペースで投げてもらう事はできそうです。

今年に加えて、小川や佐野選手の怪我が治り、万全の状態になって復帰してくれたらさらに安心できる中継陣になります。「オレ達」と揶揄された時代が、懐かしく思えるように、来季以降も頑張っていただきたいです。

ここまで、今年はFAによる流出なしという近年稀に見る大成果。残留してもらうことが、最大の補強。とまで言われてきたライオンズの年末恒例行事。今年は大成功ですね。

個人的に気になること

とは言え、気になるところもあります。年俸更改で、球団の提示額による増減が、選手の思っているものよりも少し開きがあるようなコメントがチラホラあらわれております。

今年は許容の範囲内だったのか、大きく揉めている選手は今のところいないようですが、この小さなズレが、後々のFA取得時に大きく響いてくるのでアフターケアをしっかりお願いしたいものです。

また、平井、平良選手の先発転向意思があること。平井選手の場合は先発に向けての調整をするという報道が出ておりました。気になるのは、去年もその調整をしようとして、結局中継として出場し、調整が中途半端になってしまった。という気がしているからです。二の舞にならないよう、ブレがないようにして欲しいものです。

また、平良選手ですが、本人は先発転向の意志が強そうですが、西口コーチは来期も中継で、と報道されていました。

こちらもしっかりと意思の疎通を図って、お互いが納得できるまで話し合って、平良が心から中継で頑張るという気持ちを持って調整できるように、お願いします。(中継で、というのは個人的思いです)

兎にも角にも、今年の年越しは流出危機にヤキモキすることなく過ごせそうです。

追伸

最後に佐藤選手が処分解除になった模様。とんでもなくマイナスからのスタートになってしまいますが、個人的にはすごく期待している選手です。

普通の社会人とは違い、人から見られる仕事をしている立場なので、これを機にしっかりとそれを自覚し、今後の野球人生に役立たせて欲しいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました