犬の散歩と青空に雲

犬と鱗雲犬たちとの思いで

犬との散歩中、空を見ると不思議な雲の形

am8時30分ごろ、散歩を開始。ひんやりとした空気の中、朝の匂いを嗅ぎながらいつものように歩きます。

草は短く刈られても、相変わらず縁石沿いが好きな歩羽ちゃん。匂いを嗅ぎまわり、気になる匂いがしたところで立ち止まります。自分の知っている臭いかどうかを確かめているかのようです。

この日は雲は多いのですが、空の青がとても綺麗。太陽の光もしっかり届いており、肌寒いのに、なんだか暖かく感じました。なので、こちらもゆったりと、ゆっくりと道を進みます。

歩羽が匂いを嗅ぐのに夢中になり立ち止まっている時に、何気なく空を見上げました。すると、そこには想像していた以上の雲が空に広がっていたのです。

鱗雲?羊雲?

雲はとても多かったのです。日光を遮らないほどの薄い雲。でも数が多すぎ。

鱗雲だー。と写真を撮りました。帰宅後、鱗雲で検索すると、同じような雲のかかり具合で、羊雲というのがあるということを知りました。

雲のある高度によって呼び方が変わるらしい。高いところにあれば、肉眼でより小さく見えることになるので、鱗雲。低いところにあれば、大きく羊の毛みたいに見えるので羊雲。

きっと学校の授業のどこかで習っていたのでしょうけど、まったく覚えていませんでした。そんなのがあったんだ。

これは何雲?

同じ日の、am11:30ごろ。すでに犬の散歩は終え、別件でお出かけ中。空に雲の道が出来上がっています。飛行機雲にしては太いし、なんなんでしょう。

ということで、また調べてみると

帯状高積雲という名のものが一番近そう。種類としては、朝の鱗雲と同じものに分類されていました。一つ一つの雲が、直線上に集まったもののようです。

上空の風に流されて、このような形になったのでしょう。サクッと調べただけなので、この形は、その雲じゃない、かもしれません。

何にしても、これまで特に気にしてこなかったことを、犬との散歩を通じて発見できました。犬が足を止めていなければ、空を見上げることもしなかったでしょう。昔は興味がなかったことも、時間がたって、何かの拍子にそれに遭遇した時、ひょっとしたら面白いと思うかもしれない。今回はそんな体験をさせてもらいました。

時には歩みを止めて、ほっと一息つくことも大事ですね。

歩羽の日常をInstagramでも公開中!  家族全員で撮影しています。誰が撮影したかによって、表情が変わる歩羽を見てもらえたら嬉しいです!!!        Instagramへはこちらからどうぞ
犬たちとの思いで
スポンサーリンク
犬が苦手な私が犬と共存できるようになった考え方

コメント

タイトルとURLをコピーしました