犬を車の中で留守番をさせることについて

伝えたいこと

犬を車の中で留守番させることに、良い事は何一つない

先日、車の中で犬を留守番させて買い物をしており、思った以上に時間が経過していたことがありました。

反省の意味を込めて、犬を車に放置するデメリットを調べてみました。

車内温度には注意が必要

夏場の車内

よく言われるのが、子供や犬を夏に車内へ放置して熱中症を起こしてしまい、命の危険にさらしてしまう、というもの。

夏はエンジンを切ると、1時間で車内温度が50度からひどい時は70度ぐらいまで上がると言われています。よほどのサウナ好きでない限り、耐えられる温度ではないです。

自分でドアを開けて避難できない犬は確実に命の危険にさらされます。

冬場の車内

冬は熱中症という危険がなくなる分、車内に留守番させる機会が増えてきそうです。たしかに、夏よりも危険度は下がるようですが、車内の温度は冷蔵庫並みに下がることもあるのだとか。

積雪の中だと、−10度にもなるとのこと。まともに動いて体温をあげることのできない車内では凍死の危険性も出てきます。寒さによって、内臓など、体内の動きも弱くなる可能性があるため、犬の体調がすぐれない時は注意が必要です。

春・秋の車内

夏・冬に比べると気温の変動が小さくなる為、命に関わる危険性は小さくなります。犬と出かけるのならばこの季節が良いのですが、車内にお留守番をさせる場合は、換気が必要になってきます。駐車中に窓を少し開けて出かけることになりますが、盗難のリスクが高くなってしまいます。

また、この両季節は花粉が多く飛ぶ季節なので、花粉症の人はかなりの注意が必要です。窓を開けているとかふんがどんどん車内に入ってきて運転どころではなくなる可能性もあります。

犬とのドライブは諦めるべきなのか

このように考えると、犬を車に乗せることはデメリットしかなく、一緒にお出かけをすることは諦めたほうが良いように思えます。ですが、愛犬とたくさんの思い出をつくりたい、と思うことは決して間違いではないと考えています。そこで、私なりに犬とドライブする際に気を付けたほうが良いと思うことを書き出してみたいと思います。

  1. 犬が車の中で留守番をしないで済むスケジュールを立てる
    • 特に食事の計画を綿密に立てることです。行きたいお店が犬同伴OKのところならば問題は無いのですが、現地に行ってお店を探す場合は、都合よく犬と一緒に入れるお店が見つかるとは限りません。犬とお出かけするときは、目的地まで我慢するか、車内で食べられるお弁当などを考え、お店で食事は諦めたほうが良いと思います。
  2. 1対1でのドライブはしない
    • 人間1人、犬1匹でのドライブは避けたほうが良いと思います。特に長距離を走る場合、トイレ休憩などを挟むことになります。休憩している間、犬を車の中に放置すると危険ですし、トイレの前などにリードを縛り付けて待たせておくというのも避けるべきだと思います。外で待たせることが出来る子は、とても賢いのだと思いますが、犬が苦手な側から見ると、犬がそこにいるだけで不快な気持ちになるので、トイレの前や、お店の入口など人通りが多いところには近寄らないようにしてほしいと思います。やはり、複数人で行って、誰かが犬と一緒に居られる状況をつくっておくべきです。
  3. 目的地を犬が思いっきり楽しめる場所を選ぶ
    • 狭く揺れる車での移動は犬にストレスを溜める原因になってしまう場合があります。ですので、せめて目的地では思いっきり走り回ってストレスの解消が出来るような場所を選んであげたいものです。目いっぱい遊び疲れさせることによって、帰りの車中では大人しく眠ってくれるかもしれません。

まとめ

愛犬と車でお出かけすることはとても楽しいことなのですが、自分から車の外に避難できない犬にとって、些細なことが命の危険に関わる可能性が高くなります。人間ならば、ちょっと熱くなってきたから外に出よう、寒くなってきたから上着を羽織ろうなど、対策を取ることが出来ますが、犬にはその対策が取れません。幼児と接するように我々がどうにかしてあげなくてはならないのです。

出来るだけ犬だけを車内に置いておくシーンを失くすことで、楽しいお出かけが満喫できるものと思われます。とにかくスケジュールを愛犬第一で考えてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました