愛犬と、騒ぎながら部屋を横断するもの

犬たちとの思いで

未知のものに警戒心を露わにする愛犬

我が家に掃除機がやってきました。先代の愛犬が掃除機の音が嫌いでいつまで経っても慣れてくれず吠えまくっていたので、使用を諦めていました。

それ以来、コロコロや、クイックルワイパーなどで掃除を行っていたのですが、現在の愛犬、歩羽は誰よりも毛の生え替わりが早く、部屋中に彼女の抜け毛が漂ってしまいます。

コロコロでは対処しきれないと感じた我々は、意を決して掃除機の購入に踏み切ることにしました。

購入当日、箱から出した時は特に反応を見せずにいた愛犬。強いて言うなら、充電中の掃除機を遠巻きに眺めている程度でした。

翌日。いざ掃除機のスイッチを入れると吠える吠える。掃除機の周りを回りながら、決して正面には立たず吠えかかります。

この子もやっぱりダメか、と半分諦めつつ、さらに翌日。まずはその姿形に慣れてもらおうと思い、スイッチを切ったまま愛犬の前に持っていきます。すると吠えることは無かったのですが、音が鳴るのを警戒してか、掃除機の周りをぐるぐるとつかず離れずで様子を見てきます。ノズルを愛犬の方に向ける手近づこうとすると、さっと後ろに飛びます。一定の距離を保とうとしていました。

こちらが気にせず近づいていくと、しばらく距離を取って警戒していましたが、最終的には自分の部屋に逃げ帰っていきました。それでも掃除機が気になるらしく、身の安全を確保した状態から掃除機を眺めていました。

その後も、掃除機への警戒心は解けないらしく、掃除を始めると距離を取って吠えながら周りをぐるぐるして、自分の方に向かってくると、部屋に逃げ込むことを行っています。

やはり、「音」と「動き」というものに敏感なようです。掃除機を使用していない時は部屋の端っこに立てて置いているのですが、特に気にする様子もなく平然とそばを通るようになりました。時間をかければ、その音と動きに慣れるようになってくれるでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました