犬の散歩中、マーキングやおしっこをした時の飼い主としての対応

犬のマーキング、おしっこの後始末はどうするべきか

犬の存在が嫌がられる理由の一つとして、散歩中のおしっこがよく挙げられます。トラブルになる要因として、玄関の目の前が、おしっこポイントになっていたり、その周囲に臭いが充満したりというものです。

散歩中のおしっこについては、様々な議論がなされているようです。そもそも、散歩中にマーキングやおしっこをさせないようしつけるべきだ、という意見。犬に関係のない生活を送っている人たちにとって、道端をトイレ代わりにするなど言語道断。街の衛生面でも決して良くありません。

しかし、私は犬のマーキングは生き物としての本能、そして生きていくための手段である、と考えています。なので散歩中のマーキングを完全に否定は出来ません。一方、そのマーキングやおしっこを、毎回、家の玄関先でされたりするのは我慢できないと思います。

そこで次に考えたいのは、愛犬がマーキングをしたときどうしたらいいのか、ということです。

犬がマーキングをしたとき、水で流す

まず、玄関先、ものを置いている所、人の立ち止まりそうなところにはマーキングをさせない。という前提で書いていきます。

犬のマーキング、おしっこの後処理として一般的なのが、水で流す、という行為です。おしっこも水で薄めてやれば、原液のままよりも臭いも和らぐだろうし、不潔感も軽減される。そのようなことを期待しての行いです。そのまま放置するよりも、きちんと後始末した気もするし、そのアピールができる効果もあると思います。

そんな「水で流す」という行為にも否定的な意見があります。おしっこを電柱や交通標識の根元にした場合、地面のほとんどはアスファルトです。水で流しても、地面には吸収されず、おしっこの範囲が広がるだけではないか、という意見です。犬に外でおしっこをさせている人でもこのような意見の人は多いようで、どうせ自分たちの後に来た犬が同じ場所でおしっこをするのだから、無駄な行為はしない。と言い切る人もいます。

無駄だからしない、というのではこの問題が全く解決しません。その結論に達するのなら、マーキング、おしっこを外でさせるべきではない、という意見が正解になってしまいます。犬の本能とは言え、人間にとっては迷惑行為に違いは無いのですから。

マーキングの後始末として、アンモニアを分解押させるような成分を含んだ中和剤も販売されているようです。人、動物に無害で除菌・消臭が出来るというもの。水道水で流すよりも効果はありそうです。

もちろん、それで処理をすればどこでおしっこさせてもOKとはならないので注意が必要ですが、マナーの一環として普及させていくのも良いのではないでしょうか。

犬が嫌いな人は、飼い主さんの行動を見て、さらに犬が嫌いになり、犬に対して攻撃的になってしまう人も見受けられます。どこまでが最低限のマナーなのかは、どうしても人によって差が出てきてしまいますが、犬の存在そのものが不愉快だ。という人も少なからずいらっしゃるので、犬が好きな方も少し視野を広げて考えたほうが良いように思えます。

個人的には、犬のおしっこも嫌ですが、公園で唾や痰を吐いたり、タバコの吸い殻やお菓子の包装紙を捨てる、また、ジュースの飲み残しをその場で流す。といった行為も同じぐらい嫌ですけどね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました