初物には相変わらず警戒心満載な愛犬

犬は自分のものかそうでないものか、きちんと理解できるようです。

我が家にやってきた新しいクッション。子供へのご褒美プレゼントとして購入したジジのクッション。

以前も、黒猫ジジのぬいぐるみを買って、歩羽には見せているので、全くの初見というわけではありません。

とりあえず、目の前に置いてみました。

しかし、大きさが全く違うので、警戒しまくり。容易に近づこうとしません。

匂いも嗅ぎにいきません。赤いクッションには置いたその瞬間に乗ってきたのに、です。

結局、この日は黒猫クッションに近づくことはありませんでした。しかし、興味は示しているので、いずれ耳のあたりが、よだれまみれになるのでは、と思っています。

それにしても、100均ショップで買う犬用のおもちゃはカバンから出すとすぐに飛びついてくるのに、子供用に買ったものには、興味を示すものの、食いつかないことがほとんどです。

自分のものかそうでないのか、きちんと理解できているのでしょうか。それとも、犬用のおもちゃには犬を寄せ付けるように匂いでも染み込ませているのでしょうか。

今度、猫用のおもちゃを買って渡してみようかな、

歩羽の日常をInstagramでも公開中!  家族全員で撮影しています。誰が撮影したかによって、表情が変わる歩羽を見てもらえたら嬉しいです!!!        Instagramへはこちらからどうぞ
犬たちとの思いで
犬が苦手な私が犬と共存できるようになった考え方

コメント

タイトルとURLをコピーしました