最近気づいた、犬好きの人と犬嫌いの人の感覚の差

伝えたいこと

犬に追いかけられた。これに感覚の違いすべてが詰まっています。

犬好きの人から見た、犬に追いかけられるという行為

子どものころ犬に追いかけられた経験があり、それ以来、犬のことが怖い。という人の談話をよく目にします。イメージとしては走って逃げる子供を犬が追いかけている姿だと思います。じつはこれはほとんど大げさに脚色されたものであると、私は思っています。

何故なら、人が走って逃げても、犬は簡単に追いつくことが出来るからです。犬と競争して勝てる人間はそうはいないでしょう。つまり、犬は走っている人の後ろに、ただくっついて一緒に走っているだけなのです。

このことは犬好きの人にはわかることだと思います。あの子はただ遊んでいるだけの、ほほえましい光景であると。

そして、犬が苦手な人が必死に逃げているのだということも、ある程度の人は気が付いてくれます。そのために、犬の躾として、合図をしたら飼い主さんのところに戻ってくるようにする「しつけ」を必ず行うよう啓蒙活動されています。

また、犬が苦手な人には、犬と遭遇した時、怖いからと言って走って逃げださないでください、という注意もなされています。犬が興奮して、後をついていく、追いかける行為を防ぐためです。

これが犬好きの人から見た「犬に追いかけられる問題と解決策」です。

犬が嫌いな人から見た、犬に追いかけられるという行為

犬に追いかけられるとき、必死に走って逃げている、というのはほとんどの場合、思い出補正が入っていると思われます。だけど、すごく怖かった、という記憶は本当のことです。

犬と目が合って、怖いからそっと離れていこうとしても、犬が後ろからついてくる。お互い歩いているのですが、ついてこられる=追いかけられている、になるのです。離れたいのに、足元にすり寄ってくる、匂いを嗅ぎに来る。立派に追いかけられています。

犬好きの人と犬が嫌いな人の追いかけられる、という行為の認識の差

犬好きの人から見れば、ただ後ろにくっついて歩いているかわいい行為が、犬のことを嫌いな人は、追いかけられた、と表現をし、恐怖を感じているのです。犬が何もしなくて側に居るだけで、追いかけられた、と感じる人がいることを知ってほしいです。

そして、実際に人のことを追いかける行為が始まった時に、犬のことを呼び戻すしつけをしっかりおこなうだけでなく、そもそも、追いかけさせないように、しっかりと周囲の状況を把握しておいてほしいと思います。

しつけの種類として、問題行動を起こした時に、どうやってそれを止めるか、という訓練方法は良く見聞きしますが、問題行動をさせないことを念頭に置いた指導方法はあまり目にしません。(普段のしつけで、無駄吠えをさせないようにする、とか、散歩中は飼い主さんより前を歩かせないというものはありますが)

私は、すれ違う人すべての人が犬のことを怖いと思っていると想像して、散歩をするようにしています。ですので、散歩中に人とすれ違う時は、出来る限りリードを短く持って、犬が自由に動けないようにして、犬、私、すれ違う人、といったような立ち位置にしてすれ違うようにします。

犬のことが嫌いなのか、怖いのか苦手なのか、なんとも思わないのかは、見ただけでは分かりません。なので、全ての人が犬に対して何らかの不満を持っていると考えるようにしています。犬が好きな人はたいてい犬を見て声をかけてくれるか、犬に手を振ってくれるので判断が付きやすいからです。

犬好きの人にお願いしたいこと

犬好きに人にはどうということのない犬の行為でも、犬が嫌いな人にとっては、とても嫌な経験になりうるものであるということを分かっていただきたいです。その簡単な例が、上記の「追いかけられる」という行為の認識の差です。

  • 犬が、すぐ後ろにちょこんといるだけで、追いかけられたと記憶されることがある。
  • 人を追いかけている行為を止めるのではなく、追いかけるという行為を事前に察知して、未然に防ぐようにしてほしい。

これを意識してもらえるだけでも、犬が側に居ても、少なくても追いかけられるという不安が解消され、公園での犬とその飼い主さんへの不安、不満が減ってくると思います。

歩羽の日常をInstagramでも公開中!  家族全員で撮影しています。誰が撮影したかによって、表情が変わる歩羽を見てもらえたら嬉しいです!!!        Instagramへはこちらからどうぞ
伝えたいこと
犬が苦手な私が犬と共存できるようになった考え方

コメント

タイトルとURLをコピーしました