動物との共存。一般人である我々にできること

専門的知識がなくてもできる、動物への思いやり

奈良公園内における鹿へは鹿せんべい以外は餌やり禁止

ニュースで特集が組まれていたのを偶然見ていました。奈良公園では禁止されている、公園内の鹿に対する、鹿せんべい以外の餌やり行為についてです。

今に始まった事ではないようですが、コロナ禍における、観光客の激減で、鹿が鹿せんべいを貰うことが出来ず餓死寸前だという、でたらめな情報が拡散されてしまい、それに伴って、鹿せんべい以外の食べ物を鹿に与えてしまう、という行為が増えているそうです。

冷静に考えれば、鹿が餓死寸前だということがでたらめである、ということはすぐに分かります。なぜなら、鹿は草を主食としているからです。毎日、鹿せんべいで生活しているわけではないのです。

安易に、人間の食べ物を与えてしまうと、その食べ物の匂いの付いた空き袋を、漁るようになってしまいます。そして、その袋を食べてしまいそれが原因で死んでしまうこともあります。

おそらく、餌を与えている人たちは、悪意は無いのだと思います。しかし、その行為が鹿にとって良い結果を生まないのだと分かってほしいものです。そして、この行為が禁止されていることを、理由とともに、もっと周知をしてほしいものです。恐らく、奈良の鹿だけの問題ではないはずです。自然公園に棲んでいるあらゆる動物に言えることだと思います。

そして、これにはもう一つ問題があります。それはゴミ問題です。

鹿が見つけてしまう程にあふれている、お菓子の空き袋や、弁当の容器。あらゆるところにこれらは存在します。遊びに行った先で不用意に落とすそのゴミが、動物に不幸を招いているのかもしれません。けっして他人ごとではないのです。

ゴミをポイ捨てしない、落とさない、持ち帰る。一人一人が気を付けることで、無駄に命を落とす動物が減るのではないかと私は考えています。

人間全員が、動物の生態に対して詳しいわけもなく、私も知識のないド素人に過ぎませんが、このようにニュースなどの情報に触れて、意識を変える、動物に関心を持つことは出来ます。こういった日々の積み重ねが、動物との共存への新しい一歩を創っていくのではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました