素人が西武ライオンズ2021年開幕スタメン予想してみました

埼玉西武ライオンズ関連

ライオンズの2021年開幕スターティングメンバーはきっとこうなる

決して野球観戦漬けの生活を送っているわけではない、素人のライオンズファンである私ですが、なんとなく、スタメン予想をしてみたいと思い、この記事を書くことにしました。

練習試合、オープン戦でのイメージやこれまでの実績を考えたら、次のようになりました。

1番 金子 センター

2番 源田 ショート

3番 森 キャッチャー

4番 山川 ファースト

5番 栗山 DH

6番 外崎 セカンド

7番 木村 ライト

8番 中村 サード

9番 鈴木 レフト

当たり障りのない、結果になってしまいましたが、これが、現時点でのベストオーダーなのではないかと考えます。

1番に金子選手を置いたのは、残念ながら消去法に近いものがあります。オープン戦の数字というより、私のイメージでしかないのですが、外野手争いをしていた若手選手の中で、打撃、守備、走塁で金子選手を超えたと一つでも超えた、という選手はいませんでした。

そして何より、辻監督の昨シーズン終盤から打撃に関する意識が変わってきた。というコメントに期待して、金子選手を1番にしました。

2番の源田選手は安定の、というイメージでしょうか。また、これも消去法になってしまいますが、彼以上に小技のできる選手が見当たらない。バントも進塁打も確実に期待できて、最悪ダブルプレーを免れる選手というのはなかなかいないものです。

この1、2番の出塁率の悪さを懸念される声も大きく、とても理解できるのですが、現状の戦力でベストを求めると、金子、源田両選手が当てはまるのかな、と思います。

3番の森選手、4番の山川選手はオープン戦の状態を見る限り、鉄板かな、と。この並びを開幕前に変えなければならない事態は想像したくありません。昨シーズンのように、両選手が同時に不調に陥らないことを願うばかりです。

5番、栗山選手はDHかレフトかで悩みましたが、メヒア選手不在のため、DHとしました。ライオンズの屋台骨。3,4番が取りこぼしたチャンスを拾ってくれることを期待しています。(本当は1,2番あたりに置いて打席数を稼ぎ、2000本安打を早く達成してほしいという個人的願いもあるのですが・・・)

6番外崎選手。正直、私には外崎選手がどのような選手としてプレイしてほしいのかが、つかめていません。ブレイク直前の彼は1発も打てる意外性のあるバッター。そこから右打ちからのセンター返しをマスターして今の地位を築いたと個人的には思っています。なので、今年はきっちり右打ちを徹底してヒットを量産してほしい、という思いと、やはり外崎といえば意外性。ここでホームランを打つか、という期待感も持ち合わせています。外崎選手がどちらの道を進んでいくのか、今年はじっくり見ていきたいと思います。

7番に木村選手です。相変わらず、オープン戦の成績は良い。これで起用しなかったら、オープン戦の意味がないじゃないか、というぐらい頑張っています。彼がホームランや長打を打てることは誰もが知っています。なので、今年こそは、右打ち、センター返しあたりをきっちりこなしていってほしいと願っています。

8番は中村選手。DHかサードかで悩みました。中村選手をDHにして、栗山選手レフト、サードは・・・佐藤選手かな、とも思ったりしたのですが、足の状態も良好なようなので、守備が結構好きだということで中村選手をサードに推してみます。中村選手が8番に居ることで、下位打線が気の抜ける所ではなくなります。下手にランナーを溜めることのできない、恐ろしい打線の復活です。

9番はレフトに鈴木選手を推します。やはり、去年の経験は大きいと感じます。開幕スタメンを目指していると、はっきり言い切ったところも、今年にかける意気込みを感じます。他の若手よりも半歩高い次元で野球をしていると感じたのでスタメンに並べてみました。

以上、誰でも考えつくようなオーダーになりました。わざわざ書かなくても、とも思いましたが、せっかくなので。これに実績十分の山野辺選手や、長打というインパクトを残してくれたブランドン選手が次点として控えています。

誰が名を連ねても、とにかく見ていてワクワクするような野球を、埼玉西武ライオンズの皆さんには期待したいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました