愛犬は今日も朝から元気いっぱい

伝えたいこと

愛犬とのコミュニケーションは遊ぶことが一番

休日の朝。最近、子供の遊んで攻撃が収まってきたと思ったら、今度は愛犬、歩羽が言い出しました。

あそんでよー。おもちゃ投げてよー。とおもちゃ箱からお気に入りを持ち出し、私の足元にポトリ。

じゃあ、いくよー。と合図をします。投げる前にすでにおもちゃには食いつきそうな歩羽。

本当は空中キャッチもできるんだけどね。今日はたまたま調子が悪かったのよ。

これを延々と繰り返します。幼児との遊びと同じです。同じ動作を飽きることなく繰り返してくれます。

基本的に、私は動かなくて良いので、比較的気楽にできます。でも、よそ様の犬とは出来ないかなぁ。加減がわからないから。

犬と仲良くなろうと思ったら、やはり一緒に遊ぶことが一番の近道ではないでしょうか。まあ、犬が苦手な人にとって、そこにたどり着くまでが、とても険しく困難な道なのですが。

この、「とってこい」の遊びは、犬に慣れることと同時に、しつけの一環にもなるので、とてもおすすめな遊びだと思います。

おもちゃを咥えて離さない時もあります。その時は、無理矢理取るのではなく、あえておもちゃに触らず、おもちゃを渡さないと遊ばないよ、と意思表示をします。そのうち、私の手元におもちゃを持ってきて、渡してくれるようになります。

また、やめ時も難しいです。遊びを終わらせるときは、犬主導ではなく、私の方から終了の合図をだすようにしています。

ひと遊びしてお着替え。

おなかすいたー。朝ごはんまだー?

と、言っていそうな歩羽でした。

歩羽の日常をInstagramでも公開中!  家族全員で撮影しています。誰が撮影したかによって、表情が変わる歩羽を見てもらえたら嬉しいです!!!        Instagramへはこちらからどうぞ
伝えたいこと 犬たちとの思いで
スポンサーリンク
犬が苦手な私が犬と共存できるようになった考え方

コメント

タイトルとURLをコピーしました