犬の散歩。犬のことが嫌いだと思われる人とすれ違う時に気をつけていること。

伝えたいこと

犬が苦手なのか、嫌いなのかそれが重要です。

私は、犬が苦手で怖いと思っています。もちろんある程度慣れましたが、根底には怖いという気持ちが残っています。

しかし、決して嫌いではない。公園の外から眺める分には、園内で遊んでいる犬はとても可愛いと思います。絶対に犬がこちらに寄ってくることができない、物理的な何かがあれば、私はどんなに大きな犬でも、とても可愛らしい動物に感じるのです。

しかし、世の中には犬が同じ空間にいる、というだけで嫌悪感を示す人もいます。見るのも嫌、という人もいるようです。

散歩中にそんな人たちと出会っても、正直見た目だけでは、犬のことが嫌いかどうかなど分からないことがほとんどです。犬のことを怖いと思っている人たちと同じように、犬を避けてくれたら助かるのですが、犬のことが嫌いだけど、怖いわけではない人は、お構いなしにこちらに向かってきます。

私は、どんな人とすれ違う時でも、すれ違う人と反対の道の端に犬を移動させるのですが、たまに間に合わない時があります。

特に、ランニングをされている方とすれ違う時によく起こります。

犬が走っている姿か、その足音に興味や恐怖を覚えてしまい、ときおりその場から動かなくなることがあります。そのときは少々引きずってでも移動させるのですが、タイミングがギリギリになることもしばしばあります。

犬のことに興味を持っていない人だった場合は、特に問題は発生しません。大抵、犬を避けて走り去ってくれます。

しかし、おそらく犬のことが嫌いなのだろうな、と思われる人は、犬の体スレスレを走り去って行きます。下手したら、犬が足を踏まれたり、体を蹴られたりするのではないか、と思えるくらい側に寄ってきます。何かされるのではないかと、結恐怖を覚えました。

一度、舌打ちされたこともあります。そのときは流石に腹が立ちました。そして、心の中で「ランニングのペースを邪魔しないように、道を譲る気遣いはあっても、義務ではないんだ」というようなことを、もうちょっと汚い言葉で唱えてしまいました。反省です。

よく、犬に関する事件で、散歩中に通行人に犬が襲われたり、逆に、飼い主が特定の人に襲い掛からせたり、といったものを目にします。おそらく、そこに至るまでに様々な因縁があるのでしょうが、犬にあたる、犬を利用する、ということは絶対にやめて欲しいものです。

私は、犬のしつけについて過度なものは必要ない、という思いを持っています。そこには、犬を抑圧するという側面がどうしても出てしまうからです。

しかし、他人を不愉快にさせてしまう行為は当然やめさせなければなりません。その迷惑となる行為を止めるために、犬に苦痛を与えなくて済む方法、それがしつけなのかな、と最近思うようになりました。

犬がただ目の前にいるだけで嫌い、だという人も、必ず過去に何か犬に関して嫌な思いをしているはずです。(直接的、間接的にかかわらず)

そんな思いをする人を出来るだけ少なくするために、私は、不用意に犬を人に近づけさせない。トイレの後始末は必ずする。といった基本的なところを徹底していこうと気をつけています。

自由に育てるという放任主義と、無責任な放置は全く別物です。それを忘れないようにこれからも犬と関わっていけたらいいなと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました