車の運転中、犬の散歩とすれ違う時に注意していること。

車の運転をしていると、犬の散歩とすれ違うことがよくあります。車道、歩道が完全に分かれているところなら、通常の注意力で運転できます。

しかし住宅街の中などの、歩道が明確になっていないところや、白線だけで区切られている道路で犬の散歩とすれ違う時は、かなり緊張してしまいます。

というのも、狭い道路の場合、犬は必ず車の運転席から見えなくなる瞬間があるからです。

散歩中の人たちとすれ違う瞬間、犬は車のボンネットから、ドアの下に消えてしまいます。考えすぎなのでしょうが、犬がふらふら車に寄ってきていたら犬を轢いてしまうかもしれない、と思ってしまいます。

長めのリードで散歩している人とすれ違うと、余計にそう感じます。犬は飼い主さんの足元にちゃんと居るかな、何か気になるものがあって車道に出てきていないかな、など変に気になって、いつも勝手にヒヤヒヤしながらすれ違います。

こんな私ですので、犬の散歩中に車とすれ違う時や、追い越される時は完全に立ち止まって、リードの根本を持ち、犬を足元にしっかり寄せて、車に対して、犬はここに居ますよ、と意思表示しているようにしています。

もちろん、相手に通じていないこともあるとは思いますが、思わぬ事故に合わないために行っています。

犬の散歩をしている方、全員にこれをしてほしいとは言えませんし、そこまで考える必要があるのか、とも思いますが、車から犬が見えなくなる瞬間がある、という事実は知っておいてほしいと思います。

タイミングによっては、ドライバーが犬のことを認識していない場合もあるのですから。

歩羽の日常をInstagramでも公開中!  家族全員で撮影しています。誰が撮影したかによって、表情が変わる歩羽を見てもらえたら嬉しいです!!!        Instagramへはこちらからどうぞ
伝えたいこと
スポンサーリンク
犬が苦手な私が犬と共存できるようになった考え方

コメント

タイトルとURLをコピーしました