犬好きの人も犬嫌いの人もマナーに関しては同じ思いであることが分かった

犬と暮らさなければわからなかったこと。マナーの問題

犬好きの人も嫌いな人も、嫌なものは嫌

犬のことを目に入れても痛くないほど可愛がっている人は、犬のことならばどんなことでも受け入れてしまうのでしょうか。

おそらくそのような事はないでしょう。何をしても受け入れられるのは、自分と共に生活している犬のことについてだけだと思います。

自宅の玄関前が、他所の犬のトイレスポットになっている。さらにその処理が適切になされていない。となるとどんな人でも不快な気持ちになるとでしょう。

ひょっとしたら、犬のことが好きであればあるほど、マナーを守れないその飼い主さんに対して怒りが沸くのではないでしょうか。

そして、当然その気持ちは犬のことが嫌いな人はもちろんのこと、犬にあまり興味を持っていない人も感じることだと思います。

私は、犬との共存問題に対して、犬好き、嫌いの人たちはは決して対立していないのではないか、と思うようになりました。犬嫌いの人で犬の存在に対して文句を言っている人はごく少数で、ほとんどの人はその飼い主さんに対するマナーの悪さに対して文句を言っているのです。

そしてその文句は、犬好きの人からも確実にあがっています。

違うのは、その程度の問題です。許容できる範囲が人によって変わってきます。そこでトラブルが発生しているのだと考えるようになりました。

排泄物もきちんと処理すれば問題なし、と考える人もいれば、家の中で済ませてから外に出せ、と言う人もいます。

散歩するときのリードの長さも、相手がどれくらい犬に近づくことができるかによって、長すぎると感じたり、何に文句を言われているのかがわからない、と言う人も出てくるでしょう。

結局、感覚、感性の問題なので、全員が納得できる解決策は見つからないかもしれません。

まずは皆が共通して嫌だと感じることからやめる様にすれば、今よりは犬とその環境に対する問題も改善していくのではないでしょうか。

歩羽の日常をInstagramでも公開中!  家族全員で撮影しています。誰が撮影したかによって、表情が変わる歩羽を見てもらえたら嬉しいです!!!        Instagramへはこちらからどうぞ
伝えたいこと
犬が苦手な私が犬と共存できるようになった考え方

コメント

タイトルとURLをコピーしました