同じ景色でも、得られる情報は人によって様々

興味のあるものや、怖いと思うものは視界に入りやすい。

うちの奥様は、家族でドライブをしている時、あるいはショッピングセンターを歩いている時、犬関連のお店や看板、グッズのたぐいをめざとく見つけ出します。

私も同じ方向を見ているのに、全く視界に入ってきていないことがよくあります。

逆に、テレビドラマを見ている時、スピーカーやアンプといったオーディオ関連の小道具が目に飛び込んできますが、家族は、え?そんなのあった?という薄い反応です。

同じ空間で、同じ映像を見ても、人によって見えているものは違ってきているようです。

おそらく、犬も同じなのではないでしょうか。

道を散歩していても、犬が我々と同じ景色を見ているとは限りません。視力云々の話ではなく、意識するところが、それぞれ違うのだということを、意識していないといけないと思います。

うちの犬は急にどこか一点を見つめ出す時があります。その方向を見ても、私には何があるのか分からないことがよくあります。きっと、何か気になるものがあったのでしょう。

また、見えているものの違いは、興味のあるなしだけではありません。

人間の目から見て、特に問題ないと思われる環境や行動も、一緒にいる犬からすれば、危険を感じるものかもしれません。

虫のことが怖いから、虫を見つけ出すことが早い、という人もいるようです。

普段はおとなしい犬が、急に吠えたり、咬もうとしてきたりするのは、犬が飼い主さんには感じ取れない何かしらの危険や恐怖を感じたからなのでしょう。

いきなり、吠えかかったりするので、犬の問題行動として考えがちです。しかし、我々がやらなければならないのは、その問題行動を起こした原因を見つけだして、原因を解消することなのではないでしょうか。

歩羽の日常をInstagramでも公開中!  家族全員で撮影しています。誰が撮影したかによって、表情が変わる歩羽を見てもらえたら嬉しいです!!!        Instagramへはこちらからどうぞ
伝えたいこと
犬が苦手な私が犬と共存できるようになった考え方

コメント

タイトルとURLをコピーしました