犬に認められて、初めて飼い主になれる、と思います。

伝えたいこと

犬にも権限受容が適用されるのではないか

巣篭もり需要の一環で、自宅でペットを飼う人が増えている。という話題をよく目にします。そして、残念ながら、想像していた生活と違う、飼ってみたものの、自分達の手におえるものではなかった、などの理由で保護施設に引き取りを依頼する、という事態が発生しています。

ペットショップで気軽に買えてしまう、というのが1番の問題のようです。(気軽に買えるような金額ではないと思うのですが)

気軽に買えてしまうから、イメージしていた生活と違っていたら簡単に手放すという選択ができてしまいます。では、ペット、ここでは特に犬を飼おうとする人たちは、どんなイメージを持って犬を飼おうとするのでしょうか。

名前を呼べば飼い主さんの前に飛んできてお座りをする犬。お手などの芸をきっちり行う。といったあたりでしょうか。

おそらく、吠える、噛む、トイレといったものは考えの中に入っていないものと思われます。

すでに犬と生活している人なら分かる基本的なことを想像していないのです。本来なら、事前に下調べをして、どんなところで寝るのか、どんなものを食べるのか、どれぐらい大きくなるのか、などを知ってから、飼うという判断をすると思います。珍しい動物であればきっとそうするはずです。

ところが、犬や猫は身近にいる動物すぎるので、簡単に飼えると思ってしまうのでしょうか。

吠えてうるさいから、叱ってやめさせようとするがやめない。おしっこを部屋の色々なところでしてしまう。散歩で指示に従わない。思ってたのと違う。やっぱり飼えない。

安易にそんな決断をしてしまう危機的状況といえます。だから、私はこれからペットを飼おうとする人たちに向けての啓蒙活動が大事になってくると思います。

ペットの特徴、生活スタイル、病気や起こりうる問題行動など、飼う前に知らなければならないことはたくさんありますし、そういった記事もよく目にします。

しかし、意外と言われていないのが、「教えなければ、何もできないままですよ」ということ。

初めて犬を飼う人は、お手、といえば手に前足を乗っけてくる、おすわりと言えば、きちんと座る。というように思っていることが多いと思います。

そんなわけありませんよね。当然、その動作がどんなものかを覚えてもらわなければ、できるようになるわけありません。

そして、その指示に従わせようと思えば、犬に指示に従わなければならない、と思ってもらわなければなりません。つまり、犬に飼い主であると認めてもらわなければならないのです。権限の受容です。

チェスター・バーナードさんも言っています。「上司から部下への命令は、命令が行われたときに成り立つのではなく、部下が上司の命令を受け入れた時にはじめて成り立つ」と。

いうことを聞かないペットにうんざりする前に、飼い主になろうと努力することが大事ですよ、とペット業界の人たちに広めてもらいたいと思っています。

歩羽の日常をInstagramでも公開中!  家族全員で撮影しています。誰が撮影したかによって、表情が変わる歩羽を見てもらえたら嬉しいです!!!        Instagramへはこちらからどうぞ
伝えたいこと
犬が苦手な私が犬と共存できるようになった考え方

コメント

タイトルとURLをコピーしました