犬が苦手な私が犬の存在に慣れるために取った行動 〜犬との距離編〜

犬に慣れるために私が行った、犬との距離縮め方

結婚を機に、犬が苦手な私が犬と同居することになった時の話です。急に降ってきた話ではなく、お付き合いをしている段階から、犬もセットでついてくる、ということは分かっていたので、準備期間はそれなりにありました。

その期間中に、出来るだけ犬に慣れておこうと思い、どうすれば犬に慣れることができるか考えていました。

犬に限らず、動物と触れ合うことに抵抗を感じていた私。噛まれるかもしれないなどの恐怖心、不安、触り慣れていない感触。さまざまな要素の苦手意識がありました。

しかし、絶対に自分の方へ寄ってこないと分かっていれば、眺めて、可愛いなぁと思うことはできます。

じゃあ、それを克服していくにはどうすれば良いのか。物理的に距離を少しづつ縮めていけば良いのではないか。という結論に達しました。

いきなり犬を触ろうとするから、犬もびっくりして、もしくは嫌がって、撫でた人の手に何かしらのアクションを起こすのだと考えました。

撫でる、という行為は犬初心者にはかなりハードルが高いものだと感じたので、まずは、犬とどれぐらいの距離まで近づいたら恐怖を感じるのかを試しながら、一歩づつ、近づいていきます。

それをしながら、同時に犬と会話をしてみました。赤ちゃんに話しかける時と同じ要領です。こちらが犬の思っていることを勝手に想像して、話しかける。犬の表情や態度を見て、こちらも話しかける内容を考えるので、意外と犬について知ることができる良いきっかけになったと思います。

これをすることによって、私は物理的にも心理的にも、少し犬と近づくことができて、かなり犬の存在に慣れることができました。

ただし、この方法は犬好きで、その犬の事をよく理解しているパートナーが必要不可欠です。

なぜなら、犬はこちらの思うようには動いてくれません。出来るだけ距離を取ろうとしても、問答無用で近づいてきます。犬が寄ってきたらすぐに助けてもらえる環境じゃないと難しい方法かもしれません。

また、特に根拠があってこれを始めたわけではありません。とにかく犬の存在に慣れようと思って、どうしたら良いのか自分なりに考えて始めた方法です。

人それぞれで、その人に合ったやり方があると思います。大事なのは、怖いから、嫌だから諦めるではなく、それを解決するにはどうしたらいいのかを考えることだと思います。

歩羽の日常をInstagramでも公開中!  家族全員で撮影しています。誰が撮影したかによって、表情が変わる歩羽を見てもらえたら嬉しいです!!!        Instagramへはこちらからどうぞ
伝えたいこと犬たちとの思いで
スポンサーリンク
犬が苦手な私が犬と共存できるようになった考え方

コメント

タイトルとURLをコピーしました