ダブルリードは見た目にも安心感を与えてくれるような気がする。

まだ見たことはないけど、ダブルリードが必須になれば怖さも半減するかも

恥ずかしながら、ダブルリードというものが存在していることをつい最近まで知らなかった私。その存在を知ってから、すれ違った散歩中の犬を見てもそれをしている人を見かけません。

よく調べてみると、大型犬の散歩でよく使われているとのこと。

なるほど、これまで大型犬をじっくり観察することなどなかった(怖くてできなかった)ので、気がつかなかったのかもしれません。

2本のリードを持つ、あるいは1本を手に持ち、もう1本は飼い主さんの腰や肩に固定させるという方法があるようですが、後者の方が確実に犬の逃走を防げるような気がします。

体に固定すると、犬に引きずられて怪我をする可能性もありますが、犬が逃げだす=かなり興奮していることが考えられます。自制のきかない犬が、よその人に怪我をさせてしまうよりもマシなのかもしれません。

まだ実際にダブルリードで散歩されている方を見たことがないので、確実なことは言えませんが、すれ違った時、これだけ頑丈に犬の行動を制御してもらえていれば、何かの拍子にこちらに向かってくる確率がかなり減ることが見た目だけでもわかるので、犬への恐怖感が薄れるかもしれません。

うちは小型犬ですが、ダブルリードの検討をしてもいいかもしれないと思っています。2本のリードで犬を縛りつけているという意見もあるようですが、すでにリードで犬の行動を制限しているので、それが1本だろうが2本だろうが変わらないと思います。

それならば、安心安全を優先することのほうが、犬や飼い主さん、そして周りの犬に関係のない生活を送っている人たちにとっても大事なのかなぁと思います。

まだまだ見かけることが少ない(少なくとも私は視認できていない)ダブルリードですが、これが主流になれば、飼い主さんがちゃんと対策をしてくれているから安心と思えるし、犬が近づいてきそうでなんとなく怖い、という心理も和らぐのではないでしょうか。

歩羽の日常をInstagramでも公開中!  家族全員で撮影しています。誰が撮影したかによって、表情が変わる歩羽を見てもらえたら嬉しいです!!!        Instagramへはこちらからどうぞ
伝えたいこと
スポンサーリンク
シェアする
犬が苦手な私が犬と共存できるようになった考え方

コメント

タイトルとURLをコピーしました