歩羽ちゃんのおもちゃ色々

伝えたいこと

うちの犬がかまって欲しい時にとる行動

相手をしてよー、遊んでよー。とせがんでくる愛犬はとてもかわいいものです。こちらに余裕があれば、全力で相手をしてあげたくなることでしょう。

しかし、我々も常にのんびりしているわけではありません。仕事に、家事に、勉強にと目の前にしなければならない事が満載です。

そんな時は、少し心が痛みますがまた後でね、と軽くあしらって用事をこなします。こちらの気が乗らない時も同様です。

犬の要求を満たさないと、犬の性格にもよるのでしょうが、とにかくこちらの気を引こうと、犬なりのアピールをしてきます。

よく聞くのが、吠える、でしょうか。

近所迷惑にもつながるので、早急にやめさせたいところですが、ここでかまってしまうと、吠えたら相手をしてもらえると犬が勘違いしてしまいます。

無視を続けて、自然と鳴き止むのを待つ事が一番のようですが、忙しい時に吠えられると精神的に参ってしまいます。状況や時間帯にもよって、対応を変えた方が良さそうです。

幸いにも、うちの歩羽ちゃんはそれほど吠えグセがなく、遊んで欲しいアピールのとき吠えません。(欲しいものがあるなどの要求がある時はしっかり主張しますが)

いたずらをして気を引こうとする

そんなうちの犬が、かまって欲しい時の行動がいくつかあります。そのうちの一つが、

カーペットをめくる、といういたずらをする、です。

前足でかりかり、カーペットを少しだけめくっていきます。少しだけというのが味噌で、あまりやりすぎると怒られる、という事がわかっているようです。

犬の狙いとしては、カーペットをめくる。我々が言葉をかけながらそれを戻す。またカーペットをめくる。を繰り返して遊ぶことです。

こちらもわかっているので、基本的に、言葉をかけず無言でカーペットを戻すのですが、遊んで欲しいから行っているとも理解しているので、ついついその行動をとったら、何かしらの遊びをしてしまいます。

おもちゃを持ってくる

ストレートにおもちゃを持ってきて遊ぼうよ、と言ってくることもあります。

おもちゃをくわえてこちらに持ってきます。そして足もとにポトリ。そして上目遣いでこちらの様子を伺ってくる。

これを無視できる強い精神力は私にはありません。おもちゃを掴んで、放り投げます。犬は喜びおもちゃを取りに行く。最近は、空中キャッチがしたいらしく、努力しています。

おもちゃを破壊する

一番効果的なのが、遊んでいるおもちゃを破壊することです。

おもちゃの中の綿を引きずりだしています。これをやられると、相手をせざるを得ません。放っておくと、飲み込んでしまわないか心配だからです。

これをやりだしたときに、こちらがウンチを取るように、慌てず冷静に処理していればよかったのですが、物を喉に詰まらせてしまうという恐怖が先走ってしまい、慌てて取り上げることを繰り返してしまいました。

気がついたら、こちらの反応を伺いながらおもちゃをかじり、中の綿を出すことをする子になってしまいました。ただし、これをやった後、私からの無言の説教(目を見続ける)が始まるので、本当に最終手段として行うようです。

まとめとして

とにかく、どうにかしてこちらの注意をひきたい。そんな思いが、これらの行動を引き起こしているのだと思うと、多少のいたずらには目をつむって、もっと愛情を持って接しなければ、と反省してしまいます。

愛情が足りないから、というわけではないと思いますが、相手をする時の充実度を上げる、など改善できるところはしていこうと思います。

量が取れないなら、質を上げる。すでに目一杯頑張っているつもりではあるのですが、更なる高みがあるようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました